文化遺産オンライン

木造〈持国天/増長天〉眷属立像

作品概要

木造〈持国天/増長天〉眷属立像

彫刻 / 鎌倉 / 関東

東京都

鎌倉/1267

2躯

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19750612
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

 これら三躯の四天王眷属像は、既指定の静嘉堂所蔵の一躯(重文)と共に一具をなすもので、各像の岩屋裏に書かれた銘によって、これらが文永四年(一二六七)に内山永久寺真言堂に安置するために、運慶の孫といわれる仏師康円によって造られたことがわかる。
 龍王などの異類である眷属の姿は、図像などにみることができるが、彫刻としては、現存唯一の異例といってよい。それぞれ表情・髪形・服制などに変化・対照が意図されており、彩色もこれに合わせて色調・文様を措き分けて、一具の群像としての工夫がこらされ、そこには当代の代表的作家康円の秀れた技巧がうかがわれるが、全体に工芸的な趣致にまさるのは、小品のゆえばかりでなく、鎌倉後期彫刻の一面を示すものでもあろう。

関連作品

チェックした関連作品の検索