文化遺産オンライン

四天王眷属立像

してんのうけんぞくりゅうぞう

作品概要

四天王眷属立像

してんのうけんぞくりゅうぞう

彫刻 / 鎌倉

康円作

鎌倉時代・文永4年(1267)

木造、彩色、玉眼

像高 東方天31.9 南方天32.1

2躯

銘文:岩座底面墨書銘 東方天「東方天眷属/四天王四眷属大仏師/康円作」 南方天「南方天眷属/四天王四眷属 康円作」

重要文化財

他に類例のない四天王眷属像で、台座裏面の墨書銘から、文永4年(1267)に康円(こうえん)によって造られたことが知られる。もと奈良県天理市にあった内山永久寺(うちやまえいきゅうじ)の真言堂(しんごんどう)に安置されていた可能性が高い。これらと一具の像が靜嘉堂文庫(せいかどうぶんこ)とMOA美術館に分蔵されている。

四天王眷属立像をもっと見る

康円作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 立像 / 四天王 / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索