文化遺産オンライン

牛皮彩色迦陵頻伽文華鬘

ごひさいしきかりょうびんがもんけまん

作品概要

牛皮彩色迦陵頻伽文華鬘

ごひさいしきかりょうびんがもんけまん

金工 / 平安

平安時代・12世紀

皮、彩色

1面

華鬘(けまん)は仏堂の中にかけて空間を飾るもので、もとは生の花を糸でつづっていましたが、次第に金属や木や皮で代替されるようになりました。これは牛の皮で作った華鬘で、かつて京都の東寺(教王護国寺)に伝来したものです。

牛皮彩色迦陵頻伽文華鬘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

牛皮 / 華鬘 / 迦陵頻伽 / けまん

関連作品

チェックした関連作品の検索