木造不動明王坐像(天野社護摩所旧本尊) もくぞうふどうみょうおうざぞう(あまのしゃごましょきゅうほんぞん)

木像 / 鎌倉 / 中部 

鎌倉時代
1躯
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
法住寺
国宝・重要文化財(美術品)

明治初年まで高野山麓の天野社(丹生都比売神社)の護摩所本尊として伝来した。霊験仏として知られた京都東寺西院の不動明王(国宝)の模像で、歯に水晶を嵌める技法に特色がある。霊験仏信仰と結びついたこの種の技法の用例として注目される。

関連リンク

木造不動明王坐像(天野社護摩所旧本尊)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造蘭溪道隆坐像(西来庵開山堂安置)
丹生都比売神社境内
木造弥勒菩薩坐像及び木造不動明王坐像・木造愛染明王坐像
木造地蔵菩薩坐像院誉作
木造薬師如来立像
ページトップへ