高野四所明神像 こうやししょみょうじんぞう

絵画 / 室町 

室町時代・16世紀
絹本着色
104.2x49.7
1幅

高野四所明神(こうやししょみょうじん)とは、高野山の麓(ふもと)にある丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)の祭神で、高野の地主神(じしゅしん)である高野(狩場(かりば))明神と丹生明神(にうみょうじん)、それに鎌倉時代に加えられた気比明神(けひみょうじん)と厳島明神(いつくしまみょうじん)のこと。階段下の白黒二匹の犬は高野明神の連れで、空海(くうかい)を高野山に案内したとされる犬である。

作品所在地の地図

関連リンク

高野四所明神像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

丹生都比売神社境内
丹生都比売神社本殿 (1)
絹本著色 高野四社明神像
木造不動明王坐像(天野社護摩所旧本尊)
高野大師行状図画
ページトップへ