古今和歌集巻第廿(高野切本) こきんわかしゅうまきだいにじゅう(こうやぎれぼん)

 / 平安 / 高知県 

高知県
平安時代後期 11世紀
紙本(料紙鳥子雲母引)
26.4×262.2(cm)
1巻
高知県立高知城歴史博物館
国宝/指定番号(登録番号):00016 (S26.6.9指定)

その一部が高野山に伝来したことから「高野切」と呼ばれる、古今和歌集書写本の第二十巻。高野切は古今集の写本としては現存最古であり、かつ平安時代の仮名書の完成形を示す書跡として古来より名高い。紀貫之(?-九四六)筆と伝承されてきたが、実際には三種の書風が混在し、十一世紀中頃の寄合書と推定されている。山内家伝来の巻第廿は「第一種」と呼ばれる書風を示す。抑制のきいた端正な書きぶりは、高野切の筆者三名の中で、もっとも格の高い人物の手になるものとされる。

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集巻第廿(高野切本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古今和歌集巻十九断簡(高野切)
古今和歌集巻第二、第四断簡(亀山切)
古今和歌集巻第一断簡〈(高野切)/(寛平の)〉
古今和歌集巻二十断簡(関戸本)
古今和歌集切(巻子本)
ページトップへ