前十五番歌合(彩牋) さきのじゅうごばんうたあわせ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 近畿 

兵庫県
鎌倉
1巻
兵庫県川西市長尾町10-1
重文指定年月日:20040608
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人大阪青山学園
国宝・重要文化財(美術品)

 『十五番歌合』は、古来の歌仙三〇名の優れた和歌一首ずつを左右に結番した歌合形式の秀歌撰である。撰者については、『後拾遺和歌集』序に大納言藤原公任【きんとう】(九六六~一〇四一)が三十六歌仙を撰んだことを記し、次に「十あまり五つがひの歌を合せて世につたへたり」と記していることから公任撰といわれ、寛弘五年(一〇〇八)前後の成立と考えられている。
 歌人三〇名の歌各一首を組み合わせて十五番の歌合に仕立てたものが、同じころに二種撰集されている。入撰歌人の時代の古新に従って、「前十五番歌合」「後十五番歌合」と呼んで区別している。
 『前十五番歌合』は、一番に『古今和歌集』撰者の紀貫之と凡河内躬恒、二番に素性と伊勢を並べ、十五番に『万葉集』の柿本人麻呂と山部赤人を番えている。公任の個人的な評価基準によって撰ばれたもので、公任の和歌に対する見識を歌合の形式によって範を示したものとみられる。
 『前十五番歌合』の伝本には、伝藤原公任筆で国宝の『十五番歌合(彩牋)』(尊経閣文庫蔵)一巻がある。平安時代の古筆で八首のみの残欠である。この一連のものに『十五番歌合断簡』(二番、重文、藤田美術館蔵。六番、重文、瀬津巌蔵)がある。尊経閣文庫本以外にも、宮内庁書陵部蔵本、水戸彰考館本、松平文庫本(島原公民館蔵)、内閣文庫本(国立公文書館蔵)、群書類従本などが伝存するが、多くは近世の写本である。
 本巻の体裁は巻子装。料紙には梅折枝文様、花菱文様、紅葉文様、波文様の四種類の文様を雲母引【きらび】きした上に、金銀の砂子、切箔、野毛を霞状に散らす装飾料紙が用いられている。…

作品所在地の地図

関連リンク

前十五番歌合(彩牋)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

四十番歌合〈建保五年十月十九日〉
十五番歌合断簡
十五番歌合断簡

藤原伊房筆

天徳四年三月内裏歌合(二十巻本)
寛平御時后宮歌合〈藤原定家、同為家筆/〉
万葉集巻第十八(金沢文庫本)
ページトップへ