四十番歌合〈建保五年十月十九日〉 よんじゅうばんうたあわせ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 近畿 

兵庫県
鎌倉
1巻
兵庫県川西市長尾町10-1
重文指定年月日:20040608
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人大阪青山学園
国宝・重要文化財(美術品)

 本巻は建保五年(一二一七)十月十九日に、順徳天皇(一一九七~一二四二)が催した内裏歌合である。題は「春雨」「夏月」「秋露」「冬風」「変恋」の五題。作者は順徳天皇、藤原知家、藤原為家など計一六名である。判者は順徳天皇であるが、名を隠して催された。
 この年の十月には、十六日に内裏当座御歌合、十九日に本巻の歌合、二十二日に内裏当座和歌御会など天皇の主催による歌会が頻繁に行われていたことが『順徳院御集』などから知られる。
 本巻は歌合開催時からほど遠からぬころに書かれたとみられる。近時新出の古写本である。本歌合の伝本には、①禁裏本(宮内庁書陵部蔵)、②内閣文庫本(国立公文書館蔵)、③群書類従本などが存するが、いずれも江戸時代の写本である。また、各写本とも四十番右歌「うしと見しちぎりを夢」の第二句の末尾一文字と第三句五文字の六文字を欠いている。六文字の欠は本巻の欠損部分と一致することから、諸写本は本巻を祖本としていることが判明する。また、二十八番右の藤原範綱判詞「こて」の右脇に「本マゝ」と注記するが、禁裏本にも同注が書写されていることから、本巻が禁裏本の親本と認められる。
 本巻の体裁は巻子装で一六紙からなる。紙背に相剥ぎされた痕跡がみえ、二〇センチメートル前後の幅で折られた折線が現れている。この折線は、打紙にした続紙を折本装にして書写したときのものである。折本装による書写では、歌と作者の位置を示す天三地一の押界があり、半葉一二行で書写している。現在は巻子本に仕立て直されている。本巻一紙目後半に切除があり、作者一覧の「藤原助連 御製 右方 範宗…

作品所在地の地図

関連リンク

四十番歌合〈建保五年十月十九日〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寛平御時后宮歌合〈藤原定家、同為家筆/〉
前十五番歌合(彩牋)
天徳四年三月内裏歌合(二十巻本)
台記〈保延五年二月二十三日列見記/〉
新古今和歌集〈自巻第一至巻第十五/〉
ページトップへ