文化遺産オンライン

天徳四年三月内裏歌合(二十巻本)

てんとくよねんさんがつだいりうたあわせ

作品概要

天徳四年三月内裏歌合(二十巻本)

てんとくよねんさんがつだいりうたあわせ

その他 / 平安 / 関東

東京都

平安

1巻

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19790606
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

村上天皇の天徳四年(九六〇)三月内裏清凉殿で行われた歌合で、二十巻本歌合の第一巻(内裏)に収められていたものである。本文料紙は斐交り楮紙に天地横罫を施し、本文は首に「内裏和歌合〈天徳四年三月卅日於清凉殿有此事/〉」と内題を掲げ、ついで題、歌人、講師、判者を記して、歌合は二十番を合せる。本文の筆跡は二十巻本歌合のうち第一種、いわゆる伝俊忠筆二條切に属するもので、平安時代後期の代表的仮名書風を伝え、書道史上の遺品としても珍重されている。

関連作品

チェックした関連作品の検索