王勃集巻第二十九残簡 おうぼつしゅうまきだいにじゅうきゅうざんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

 /  / 関東 

東京都
1巻
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19800606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

王勃集は唐代前期の文人王勃の詩文集で、旧三十巻あったが、宋、元時代以来中国では逸書になっている。わが国には巻第二十八が上野家に、巻第二十九、三十が東京国立博物館に所蔵され、いずれも国宝に指定されている。本巻は東京国立博物館所蔵本の巻第二十九に接続し、同巻の巻尾に当たるもので、本文第一行の「過淮陰謁漢祖廟祭文奉 命作」は、東博本巻第二十九、巻首目次第七項の「祭高祖文一首」に相当する。巻尾には「興福/傳法」の朱方印が捺され、東博本と共にもと興福寺に伝来したことを伝えている。なお、紙背は東博本に接続する四分戒本略の断簡である。

作品所在地の地図

関連リンク

王勃集巻第二十九残簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

王勃集〈巻第二十九、第三十〉
史記巻第二十九河渠書第七残巻
王勃集巻第二十九・三十
文選巻第二(首欠)
不空三蔵表制集巻第五
ページトップへ