筑前国嶋郡川辺里大宝二年戸籍断簡 ちくぜんのくにしまぐんかわべりたいほうにねんこせきだんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術 / 飛鳥 / 近畿 

奈良県
飛鳥/702
1幅
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 本文およそ四十三行分を存し、戸主物部牧夫とその家族十八名など、あわせて二十七名、およびその受田数を収めている。字面には筑前国印十七顆を捺し、継目裏には「筑前国嶋郡川辺里大寳大寳【(ママ)】二年籍」の墨書および国印一顆がある。もと正倉院に伝来したもので、巷間にある稀有の遺品としてその価値はきわめて高い。なお、本断簡は『大日本古文書』において筑前国戸籍の最末に掲げているが、実は肥君猪手の戸の前に接続すべきものである。
 紙背は戸籍を反古【ほご】として千部法華経校帳を記したもので、およそ二十六行、四月六日から十一月十二日に至る九部七十二巻、四部三十二巻、四十五部三百六十巻の校経の状況を三項に分かって注記する。内容よりみて天平勝宝元年千部法華経校帳(『大日本古文書』巻第十)の首に接続すべきものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

筑前国嶋郡川辺里大宝二年戸籍断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

筑前国嶋郡川辺里戸籍断簡 (紙背)千部法華経校帳断簡
豊前国仲津郡丁里大宝二年戸籍断簡
豊前国仲津郡丁里大宝二年戸籍断簡
山背国愛宕郡天平四年計帳残巻
史記巻第二十九河渠書第七残巻
ページトップへ