山背国愛宕郡天平四年計帳残巻 やましろのくにおだぎぐんてんぴょうよねんけいちょうざんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術 / 奈良 / 中部 

静岡県
奈良/732
1巻
静岡県立美術館 静岡市駿河区谷田53-2
重文指定年月日:19800606
国宝指定年月日:
登録年月日:
静岡県
国宝・重要文化財(美術品)

山背国愛宕郡の天平四年(七三二)の計帳(調・庸の徴収台帳)残巻で、現在五十九行を存する。明治時代に小杉榲邨によって正倉院から持出されたものであるが、近時藤江家から発見された。正倉院以外に伝存する計帳としては最も纒ったもので、伝存稀れな奈良時代計帳残巻として貴重である。なお、紙背は、造東大寺司がこの計帳を反古として利用した写経記録である。

作品所在地の地図

関連リンク

山背国愛宕郡天平四年計帳残巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後嵯峨上皇幸西園寺詠翫花和歌〈并序(唐紙)/(金沢文庫本)〉
写経奉請状〈天平勝宝四年四月/〉
筑前国嶋郡川辺里大宝二年戸籍断簡
豊前国仲津郡丁里大宝二年戸籍断簡
賢愚経残巻(大聖武)
ページトップへ