後嵯峨上皇幸西園寺詠翫花和歌〈并序(唐紙)/(金沢文庫本)〉 ごさがじょうこうこうさいおんじえいがんかわか

 / 鎌倉 / 中部 

静岡県
鎌倉
1巻
静岡県立美術館 静岡市駿河区谷田53-2
重文指定年月日:19800606
国宝指定年月日:
登録年月日:
静岡県
国宝・重要文化財(美術品)

本書は鎌倉時代の宝治元年三月三日、後嵯峨上皇が前太政大臣西園寺実氏の第に臨幸された折の和歌御会の詠歌を収めたもので、竹梅唐草模様の唐紙三紙に書写される。本文は西園寺実氏の序を掲げ、ついで実氏を始めとして、当日供奉の公卿、廷臣の和歌十三首を一首二行書に筆写している。此巻は別項山背国計帳残巻、及び写経奉請状と共に近時小杉榲邨旧蔵本のうちとして発見されたもので、首尾に金沢文庫印各一顆が捺されていて新出の金沢文庫本である。

作品所在地の地図

関連リンク

後嵯峨上皇幸西園寺詠翫花和歌〈并序(唐紙)/(金沢文庫本)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山背国愛宕郡天平四年計帳残巻
写経奉請状〈天平勝宝四年四月/〉
正嘉三年北山行幸御会歌 (金沢文庫本)
手鑑「藻塩草」 西園寺実兼百首和歌巻断簡(野宮切)
万葉集巻第十八(金沢文庫本)
ページトップへ