文化遺産オンライン

正嘉三年北山行幸御会歌 (金沢文庫本)

しょうかさんねんきたやまぎょうこうぎょかいうた かなざわぶんこぼん

作品概要

正嘉三年北山行幸御会歌 (金沢文庫本)

しょうかさんねんきたやまぎょうこうぎょかいうた かなざわぶんこぼん

/ 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

彩箋墨書

1巻

重要文化財

正嘉3年(1259)3月6日に、後嵯峨上皇が前太政大臣西園寺実氏(さいおんじさねうじ)(1194~1269)の北山第(きたやまてい)に行幸した際に催された和歌会の詠歌を書写したもので、現存する最古の伝本である。鎌倉時代における装飾料紙の遺品としても貴重である。(20081104_h21)

関連作品

チェックした関連作品の検索