西園寺実氏夫人願文 さいおんじさねうじぶにんがんもん

その他の画像全8枚中8枚表示

 / 鎌倉 

伝世尊寺経尹筆
鎌倉時代・弘安5年(1282)
彩箋墨書
1巻
重要文化財

 弘安5年(1282)10月、太政大臣西園寺実氏の夫人である 藤原貞子(ふじわらのさだこ)(1196~?)が、自らの逆修供養(ぎゃくしゅくよう)を行った際の願文です。金銀泥の下絵を施した料紙に温雅な書風で書かれています。貞子は権大納言藤原隆衡(ごんだいなごんふじわらのたかひら)の女(むすめ)で、この3年後に90歳の賀が北山第で盛大に催されました。

作品所在地の地図

関連リンク

西園寺実氏夫人願文チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西園寺実氏夫人逆修願文〈弘安五年十月八日/〉
平行政願文〈弘安七年三月十八日/〉
願文
願文

世尊寺定成筆

正嘉三年北山行幸御会歌 (金沢文庫本)
願文
願文

慈円筆

ページトップへ