願文 がんもん

その他の画像全5枚中5枚表示

 / 鎌倉 

世尊寺定成筆
鎌倉時代・弘安7年(1284)
彩箋墨書
1巻
重要文化財

弘安7年3月18日、周防守平行政が、亡祖父平政平(たいらのまさひら)の13回忌 に法要を行った際の願文。人物や樹木などの下絵を施した中国製の料紙を用い、筆者は世尊寺家第10代の定成(さだなり)(経尹(つねただ)の弟)と考えられる。鎌倉時代後期の在京御家人の先祖供養のあり方を伝える史料として重要。

作品所在地の地図

関連リンク

願文チェックした作品をもとに関連する作品を探す

平行政願文〈弘安七年三月十八日/〉
西園寺実氏夫人逆修願文〈弘安五年十月八日/〉
西園寺実氏夫人願文
西園寺実氏夫人願文

伝世尊寺経尹筆

長恨歌琵琶行 極札添
大毘盧遮那成仏神変加持経 巻第四
ページトップへ