長恨歌琵琶行 極札添 ちょうごんかびわぎょう きわめふだそえ

その他の画像全7枚中7枚表示

その他の美術   / 鎌倉 / 日本  九州  佐賀県 

世尊寺定成 (1254-98年)
せそんじさだなり
鎌倉時代/13世紀
紙本(金罫)墨書 巻子装
竪28.8cm
1巻
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

長恨歌178行、琵琶行59行、白紙罫12行。長恨歌・琵琶行とも唐の白楽天の詩で、長恨歌は玄宗皇帝が楊貴妃を亡くした怨恨の情を述べた叙事詩。琵琶行は七言古詩で88句から成り、楽天が司馬に左遷された翌年の秋の作。人生の栄枯常ならぬことを歌ったもので、長恨歌と併称される。短冊、明治26年(1893)の臨時全国宝物取調委員による鑑査状添。極札には「定成卿世尊寺殿 開元中泰」「白紙金罫黒字長恨哥琵琶引巻物一巻己亥五」とある。世尊寺定成は左京権大夫世尊寺経朝の子、経尹の弟、従四位下左馬頭になる。世尊寺流は藤原行成(972~1027)の子孫である世尊寺家の書風。

作品所在地の地図

関連リンク

長恨歌琵琶行 極札添チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西園寺実氏夫人逆修願文〈弘安五年十月八日/〉
白氏詩巻
白氏詩巻

藤原行成筆

願文
願文

世尊寺定成筆

平行政願文〈弘安七年三月十八日/〉
和漢朗詠集巻下(戊辰切)
ページトップへ