和漢朗詠集巻下(戊辰切) わかんろうえいしゅうまきげ ぼしんぎれ

 / 平安 

藤原定信筆
平安時代・12世紀
1幅

筆者の藤原定信は、藤原行成を祖とする能書の家系・世尊寺家の五代目当主。金銀箔を散らした装飾料紙に、右肩上がりの特徴的な筆致が見られる。一橋徳川家に上下巻とも伝わり、昭和3年(1928)に分割されたことから、その年の干支より「戊辰切」と呼ばれる。ルビ:ふじわらのこうぜい、のうしょ、せそんじけ、きんぎんはく、そうしょくりょうし、ひとつばし、

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集巻下(戊辰切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻上(久松切)
戊辰切(和漢朗詠集巻上断簡)
和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
唐紙和漢朗詠集切
唐紙和漢朗詠集切

藤原伊房筆

和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
ページトップへ