戊辰切(和漢朗詠集巻上断簡) ぼしんぎれ

 / 平安 / 日本 

藤原伊行 (〜1175)
ふじわらのこれゆき
日本
平安時代
彩箋墨書
縦28.0㎝ 横10.7㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-134
根津美術館
重要美術品

白楮紙に雲母を薄く引き、金銀砂子を霞形に撒いた上に金銀切り箔をおいた料紙に、『和漢朗詠集』を書写した巻子本の断簡である。昭和3年(1928)戊辰の年に分割されたので、この名がある。書写されるのはその上巻にある歳暮のところで、筆写を上巻「女郎花」の段と下巻を藤原定信とし、のこる上巻をその子伊行とするが、確証はない。伊行の真跡である「葦手絵和漢朗詠集」(1160)とくらべ、これをその若年の筆と見れば、必ずしもその伝称は不当ではなかろう。

作品所在地の地図

関連リンク

戊辰切(和漢朗詠集巻上断簡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊予切(和漢朗詠集巻上断簡)
和漢朗詠集巻下(戊辰切)
大字和漢朗詠集切
大字和漢朗詠集切

伝藤原行成筆

和漢朗詠集巻下断簡
和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉
ページトップへ