伊予切(和漢朗詠集巻上断簡) いよぎれ

 / 平安 / 日本 

伝藤原行成 (972〜1028)
ふじわらのこうぜい
日本
平安時代 
紙本墨書
縦25.8㎝ 横23.8㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-133
根津美術館
重要美術品

表に藍と紫の飛雲を漉き込み、表裏に雲母砂子を撒いた白鳥の子の料紙に、『和漢朗詠集』を書写した粘葉装冊子本である。大正13年に分割されるまで伊予松平家に伝わったのでこの名がある。上下二帖の筆跡は三種に分かれ、上巻の前半を第一種、「秋夜」の後半以降と下巻のはじめ十二頁までを第二種とし、その他は後世の補写で第三種と呼ばれる。第一種の筆跡が「高野切」第三種や「粘葉本和漢朗詠集」(宮内庁蔵)、「法輪寺切」など一群の古筆と同筆であり、第二種もよく似た書風を示す。伝称筆者を藤原行成(972〜1027)とするが、「高野切」第三種との関係からも11世紀中頃の筆写と推定できる。この一葉は上巻後半にある秋の「前栽」のところで、第二種の筆跡とされる。

作品所在地の地図

関連リンク

伊予切(和漢朗詠集巻上断簡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
和漢朗詠集巻上(久松切)
戊辰切(和漢朗詠集巻上断簡)
和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉
古今和歌集巻十九断簡(高野切)
ページトップへ