和漢朗詠集断簡(法輪寺切) わかんろうえいしゅうだんかん ほうりんじきれ

 / 平安 

伝藤原行成筆
平安時代・11世紀
彩箋墨書
1幅

もとは巻子本の『和漢朗詠集』で下巻のみ断簡が伝存します。薄藍色で雲母砂子が撒かれた料紙です。「高野切」第三種と同筆ですが、藤原行成筆と伝称されてきました。筆の動きが速くてくずし字が多いですが、筆力があり、見応えがあります。ルビ:かんすぼん、きらすなご、ま(かれた)、りょうし、こうやぎれ、

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集断簡(法輪寺切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻上(久松切)
伊予切(和漢朗詠集巻上断簡)
和漢朗詠集断簡(関戸本)
戊辰切(和漢朗詠集巻上断簡)
和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
ページトップへ