和漢朗詠集巻上(久松切) わかんろうえいしゅうまきじょうだんかん ひさまつぎれ

 / 平安 

伝藤原行成筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

"藍と紫の飛雲を漉き込み、金銀の砂子を撒いた料紙に『和漢朗詠集』巻上・秋の「鹿」「露」を書写した断簡です。伊予国松山の久松家に伝来したため、この名前です。温厚でゆったりとした運筆で世尊寺流の書風の特徴が見えます。
ルビ:とびくも、す(き)こ(み)、すなご、ま(いた)、りょうし、いよのくに、せそんじ、"

作品所在地の地図

関連リンク

  • ルビ:とびくも、す(き)こ(み)、すなご、ま(いた)、りょうし、いよのくに、せそんじ、"
    ,和漢朗詠集巻上(久松切),伝藤原行成筆" />

和漢朗詠集巻上(久松切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
伊予切(和漢朗詠集巻上断簡)
敦忠集切
敦忠集切

伝藤原行成筆

和漢朗詠集巻下(戊辰切)
和漢朗詠集断簡(関戸本)
ページトップへ