和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉 わかんろうえいしゅうまきじょうだんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 / 近畿 

京都府
平安
1幅
京都府京都市上京区御車道通清和院口上ル東入梶井町448-4
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人北村文華財団
国宝・重要文化財(美術品)

金銀砂子散らしの斐紙に巻上秋の部鹿の項、詩句二首を四行、和歌二首を六行に書写してある。もと巻子本【かんすぼん】の断簡で、和漢朗詠集最古写本たる御物粘葉本【でつちょうぼん】(二帖)とほぼ書写年代を同じにし、十一世紀中頃のものと考えられる。本文がやや大字に書かれているところから、大字朗詠と呼ばれる。書風は高野切本【こうやぎれぼん】古今集第一種と同類で、流麗な上代様の書法を見せている。

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
大字和漢朗詠集切
大字和漢朗詠集切

伝藤原行成筆

貫之集〈第五残巻、第八/(村雲切本)〉
伊予切(和漢朗詠集巻上断簡)
新撰朗詠集〈上下/〉
ページトップへ