和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉 わかんろうえいしゅうまきげだんかん

 / 平安 / 近畿 

京都府
平安
1幅
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

平安時代に藤原公任が撰した『和漢朗詠集』の巻下を、二重蔓文様などの具引きの唐紙に大字に書写したもので、もとは巻子本であったと思われるが、本幅は四紙に帝王部の前半十四行を存している。本文はやや大字に行草体で書かれ、その書風から平安時代後期の能筆の聞こえ高い藤原定信(一〇八八-一一五六)の筆と認められる。定信は藤原行成の四世の孫にあたり、数千巻の一切経を一人で書写したことでも知られている。定信筆の大字朗詠の断簡の中では行数が多く、帝王部の前半がまとまって存している点貴重である。なお末紙に記された定信の奥書三行は、もとの奥書をのちに臨模したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻下断簡
和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉
貫之集〈第五残巻、第八/(村雲切本)〉
大字和漢朗詠集切
大字和漢朗詠集切

伝藤原行成筆

唐紙和漢朗詠集切
唐紙和漢朗詠集切

藤原伊房筆

ページトップへ