文化遺産オンライン

雲紙本和漢朗詠集切「帝王」

くもがみぼんわかんろうえいしゅうぎれ ていおう

作品概要

雲紙本和漢朗詠集切「帝王」

くもがみぼんわかんろうえいしゅうぎれ ていおう

伝藤原行成筆

平安時代 12世紀

彩箋墨書

縦28.4 横14.0

1幅

天地に藍の打曇の料紙に『和漢朗詠集』巻下の「帝王」の末尾の断簡を書写した断簡。固有の切名を有しないが、打雲が入った料紙を用いることから、小松茂美は「雲紙本和漢朗詠集切」と称している。この「雲紙本和漢朗詠集切」に類するものは、いずれも巻下の断簡で、巻上は江戸時代初期には失われていたと考えられている。藤原行成を伝承筆者とするが、その書風から12世紀後半のものである。
また、墨筆による声点と片仮名による訓点が加筆される。これは本文書写よりも後世に加えられたものとみられる。

雲紙本和漢朗詠集切「帝王」をもっと見る

伝藤原行成筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

朗詠 / 和漢 / 書写 /

関連作品

チェックした関連作品の検索