代々集巻頭歌 だいだいしゅうかんとうか

その他の画像全5枚中5枚表示

その他の美術   / 日本  九州  佐賀県 

飛鳥井雅章 (1611-79年)
あすかいまさあき
江戸時代前期/17世紀
紙本墨書 巻子装
竪30cm 横198.5cm
1巻
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

万葉集から勅撰和歌集(八代集と十三代集)の巻頭歌を集めたもの、22首。和歌の勉強としての巻子。10代鍋島直正の長女貢姫(慈貞院)の御遺物。極札「飛鳥井大納言雅章卿 代々集巻頭歌 始春きぬと」「琴山」(黒印)添。飛鳥井雅章は江戸時代前期の公家・歌人。飛鳥井家は歌・鞠の師範家で家学の和歌を能くした。

作品所在地の地図

関連リンク

代々集巻頭歌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高嶺の花
高嶺の花

松平慈貞院(貢姫・健子)、筆姫(建子)ほか

下絵帖
下絵帖

松平慈貞院(貢姫・健子)

近江八景和歌書
鍋島直正公御実歴一百図
下絵帳
下絵帳

松平慈貞院(貢姫・健子)

ページトップへ