三代和歌集 さんだいわかしゅう

その他の画像全13枚中13枚表示

その他の美術   / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

二品親王・前亜槐・亜三台
延宝3-7年/1675-79年
紙本墨書 列帖装
(古今集)竪24.4cm 高2.0cm 横18.0cm (後撰集)竪24.4cm 高2.5cm 横18.0cm (拾遺集)竪25.0cm 高1.5cm 横18.0cm
3帖
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

古今・後撰・拾遺の三つの三代和歌集。3代鍋島綱茂が21~25歳の時に所望した注文品。古今集は貞応2年(1223)、戸部尚書滕判本を延宝3年(1675)に二品親王(道晃法親王)が写したもの。後撰集は天福2年(1234)桑門明静書写、文明10年(1478)書写本を延宝5年に前亜槐(飛鳥井雅章)が写したもの。拾遺集は天福元年(1233)六十八桑門融覚の写本を延宝7年に亜三台源(中院通茂)が写したもの。綱茂が若いうちから和歌の勉強をしていたことが分かる。

作品所在地の地図

関連リンク

三代和歌集チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勅撰和歌集
後撰和歌集〈藤原定家筆/〉
五十首和歌并に飛鳥井雅豊卿追詠
代々集巻頭歌
代々集巻頭歌

飛鳥井雅章

古今和歌集〈藤原定家筆/〉
ページトップへ