鍋島斉直印 なべしまなりなおいん

その他 / 江戸 

江戸時代後期
縦2.0cm 横2.0cm 長さ2.3cm
1顆
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

9代佐賀藩主鍋島斉直の用印。両面に印面のある印章。一面には「藤原斉直之印」、他面には「修身斎蔵書」と刻され、蔵書印とみられる。多くの印章を所持していたと推測されるが、伝存するのはこの一顆のみ。明治7年の佐賀の乱で戦火に遭い、後に比較的良好なものを拾集したと思われる。3代鍋島綱茂・4代鍋島吉茂・8代鍋島治茂の印章とともに黒漆塗の箱に納まる。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島斉直印チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正印章
御縁談録
御縁談録

佐賀藩御目安方 編

徴古館開館式式辞
義閑作  茶杓
義閑作 茶杓

水谷義閑

鍋島直正用印印影帳
ページトップへ