鍋島斉直像 なべしまなりなおぞう

日本画 / 江戸 

江戸時代後期
絹本着色 掛幅装
縦119.2cm 横55.6cm
1幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

9代佐賀藩主鍋島斉直(1780~1839)の文化・文政期は、慢性的な財政難のなか全国的に豪奢な生活が目立った時代だった。嫡男の直正が10代藩主を継ぐ前年、父の斉直は剃髪した。藩主となってすぐ藩内の質素倹約を表明した直正だったが、佐賀城三の丸で暮らす斉直の生活には不自由を感じさせないよう別格に取り計らった。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島斉直像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寿老人図
寿老人図

鍋島斉直

鍋島直正公御実歴一百図
御縁談録
御縁談録

佐賀藩御目安方 編

鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

御系図
ページトップへ