古賀穀堂像 こがこくどうぞう

日本画 / 昭和以降 

北島兵一
昭和時代初期
絹本着色 掛幅装
竪68.0cm 横40.8cm
1幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

佐賀藩士で儒者の古賀穀堂(1777~1836)は、貞丸(のちの10代佐賀藩主鍋島直正)が6歳の時から江戸に赴き侍講(学問上の教育係)となり、藩主就任後は内役トップの御年寄として藩政を補佐した。のちに直正はその恩を回顧して「海山の如し」と表現し、穀堂病没直前には「父子親の如し」として孝心を表している。直正の人格・思想形成上もっとも影響を与えた人物のひとりである。

作品所在地の地図

関連リンク

古賀穀堂像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

済急封事
済急封事

古賀穀堂

古賀穀堂墓碑拓影
古賀穀堂墓碑拓影

古賀侗庵 撰  川上由 書

学政管見
学政管見

古賀穀堂

鍋島直正公御実歴一百図
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

ページトップへ