済急封事 さいきゅうふうじ

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 

古賀穀堂
こがこくどう
天保2年/1831
紙本墨書 冊子装
縦26.3cm 横18.5cm
1冊
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

天保元年(1830)、鍋島直正の10代佐賀藩主就任に伴い、江戸藩邸で直正の侍講を勤めていた古賀穀堂も直正とともに帰藩した。藩の実状と士風に強い危機感をもった穀堂は、翌年直正に提言書「済急封事」を上呈する。人材登用、勤倹奨励、三病(妬み・優柔不断・負け惜しみ)の除去、学問尊重、産業振興を進言し、直正が進めてゆく藩政改革の思想的支柱となった。

作品所在地の地図

関連リンク

済急封事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古賀穀堂像
古賀穀堂像

北島兵一

学政管見
学政管見

古賀穀堂

古賀穀堂墓碑拓影
古賀穀堂墓碑拓影

古賀侗庵 撰  川上由 書

鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

鍋島直正公御実歴一百図
ページトップへ