弘道館之図 こうどうかんのず

絵図・地図 / 江戸 

江戸時代後期
紙本墨書
縦158cm 横72cm
1舗
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

弘道館は8代佐賀藩主鍋島治茂が天明元年(1781)、佐賀城下松原小路(1900坪)に創設した藩校(学館)。10代佐賀藩主鍋島直正は、天保10年(1839)北御堀端小路(5400坪)に移転拡張し整備した。弘道館・蒙養舎には七局六寮のほかに大講堂・武芸場・厨房なども備えた。藩士の子弟に限らず教育することにし、翌年6月新築開講にあたり直正は、「文武を励み、国家の御用に立つ様、心掛くべし」と訓示した。

作品所在地の地図

関連リンク

弘道館之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

学館図
学政管見
学政管見

古賀穀堂

昭和10年代の銅像園
鍋島直正公御実歴一百図
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

ページトップへ