鍋島直正一行書 なべしまなおまさいちぎょうしょ

 / 江戸 / 佐賀県 

10代佐賀藩主鍋島直正 (1814~1871)
なべしまなおまさ
天保3年/1832
紙本墨書
1幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

書の上手として往時から知られていた10代佐賀藩主鍋島直正の19歳の作。「陽気発する処、金石亦透る」は、精神を集中すれば、どんな困難にも打ち克つことができるの意。重みのある運筆とあいまって藩主就任3年目の心意気を感じる。側近の佐賀藩士古川松根の拝領品。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島直正一行書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蘇軾・和孔密州五絶東欄梨花
鍋島直正公御実歴一百図
堆朱根付杏葉紋金具付胴乱
堆朱根付杏葉紋金具付胴乱

(根付)玉楮象谷

鍋島直正印章
古川松根純忠之碑拓影
古川松根純忠之碑拓影

鍋島直大 題字 久米邦武 撰 相良頼善 書

ページトップへ