古川松根純忠之碑拓影 ふるかわまつねじゅんちゅうのひたくえい

その他 / 江戸 

鍋島直大 題字 久米邦武 撰 相良頼善 書
明治23年建碑/1890
紙本拓墨 掛幅装
縦180.2cm 横89.7cm
1幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

題字「純忠之碑」は11代佐賀藩主・侯爵鍋島直大(直正嫡男)の篆額、撰文は後に『鍋島直正公傳』を著した久米邦武、書は相良頼善。明治23年(1890)、麻布賢崇寺境外の直正墓所入口に建立された。
松根が直正に殉死する前日にビールで別れの盃を交わしたことなど、自らの体験も交えながら久米が格調高くまとめている。「常に景随して左右を離れず尽くし、公(直正公)亦これを離すこと能わず」の言葉に象徴されるように、松根は幼少期から最期まで直正と生死をともにした側近中の側近だった。平成10年の墓所改葬に伴い佐賀へ移設され、現在は松原神社境内の松根社で見ることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

古川松根純忠之碑拓影チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正公御実歴一百図
鍋島直正詩・直大書(写)
鍋島直正一行書
鍋島直正一行書

10代佐賀藩主鍋島直正

古賀穀堂墓碑拓影
古賀穀堂墓碑拓影

古賀侗庵 撰  川上由 書

鍋島直正像
鍋島直正像

百武兼行

ページトップへ