東海道行程表 とうかいどうこうていひょう

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

古川松根 (1813年~1871年)
ふるかわまつね
慶応4年/1868年
紙本墨書
1紙
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

10代佐賀藩主鍋島直正の長女貢姫(松平慈貞院)は、体調の不良や江戸の情勢不安などのため、直正の計らいにより、慶応4年(1868)23年ぶりに江戸から佐賀城に戻った。
直正は側近古川松根を同行させたが、本資料はこのときのものと思われる、松根が記した江戸から京都に至る東海道の行程表。地名と距離に加え、例えば「小田原」にはイカの塩辛などの品名も記載されている。

作品所在地の地図

関連リンク

東海道行程表チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下絵帖
下絵帖

松平慈貞院(貢姫・健子)

松平慈貞院(健子・貢姫)像
鍋島直正書簡(貢姫宛)
賦山何連歌
賦山何連歌

鍋島直大・鍋島直正・貢姫ら詠 川浪実充筆

下絵帳
下絵帳

松平慈貞院(貢姫・健子)

ページトップへ