古賀穀堂墓碑拓影 こがこくどうぼひたくえい

その他 / 江戸 

古賀侗庵 撰  川上由 書
天保14年撰文
紙本拓墨 掛幅装
縦152.4㎝ 横81.6㎝
1幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

天保7年(1836)、10代佐賀藩主鍋島直正は侍講で御側頭だった古賀穀堂の死去に際して内々に香典を贈り、墓所として土地を与え、命日には祭祀料を毎年贈る事を約束するなど、穀堂亡き後もその恩に報い続けた。のち弘化2年(1845)、穀堂の息子大一郎が墓碑を建立するにあたっても「格別の思し召し」として銀十枚を贈っている(「直正公譜」)。こうして建てられた穀堂墓碑は今も北山(佐賀市金立)に残されている。

作品所在地の地図

関連リンク

古賀穀堂墓碑拓影チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古賀穀堂像
古賀穀堂像

北島兵一

済急封事
済急封事

古賀穀堂

古川松根純忠之碑拓影
古川松根純忠之碑拓影

鍋島直大 題字 久米邦武 撰 相良頼善 書

学政管見
学政管見

古賀穀堂

鍋島直正公御実歴一百図
ページトップへ