送永山徳夫之奥羽

 / 江戸 / 佐賀県 

鍋島直正 (1814~1871)
なべしまなおまさ
佐賀県
江戸時代後期(天保~弘化年間頃ヵ)
紙本墨書 掛幅装
竪30.6cm 横98.0cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

10代佐賀藩主・鍋島直正(1814~71)30歳頃の作。屈曲・屈折した線が目立つ晩年期の作例と比べ、本作には細長い連綿や、尸の左払いなど軽妙な要素が多く、ぽってりとした墨溜まりと絡みながら筆が走る。
後半部にある「蜻蜓尾」とは日本列島の端、ここでは奥羽・蝦夷地方面を意味する。閑叟は警備と貿易の両面からこの地に関心をもっていた。本詩は天保11年(1840)、奥羽視察に派遣した佐賀藩士・永山徳夫(二水)への送別詩で、本作も作詩からさほど遠からぬ時期と思われる。永山はのち御側頭となるも弘化2年に没。墓前(佐賀市大和・実相院)に閑叟が赴いた際の漢詩が、直正漢詩集の野人亭稿に収録されている。

作品所在地の地図

関連リンク

送永山徳夫之奥羽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

野人亭稿
野人亭稿

鍋島直正

次伊達政宗征南詩韻
春遊
春遊

鍋島直正

暮春浴泉雑作
暮春浴泉雑作

鍋島直正

録旧作
録旧作

鍋島直正

ページトップへ