春遊 しゅんゆう

 / 江戸 / 佐賀県 

鍋島直正 (1814~1871)
なべしまなおまさ
佐賀県
江戸時代後期~明治時代初期
紙本墨書 掛幅装
竪105.1cm 横59.6cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

10代佐賀藩主・鍋島直正(1814~71)55歳頃の作。滲み・擦れ・肥痩・硬軟・大小など多様な要素が一幅の中にまとめられており、晩年期の集大成と言える作品。「新」字や「人」字の刻み込む線からは、晩年の、なおも横溢するバイタリティーが感じとられる。
なお本詩は、鍋島直正漢詩文集「十可山房集」に、慶応2年の作詩として収録されている。

作品所在地の地図

関連リンク

春遊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

録旧作
録旧作

鍋島直正

暮春浴泉雑作
暮春浴泉雑作

鍋島直正

送永山徳夫之奥羽
十可山房集
十可山房集

鍋島直正

次伊達政宗征南詩韻
ページトップへ