鍋島直正詩書 なべしまなおまさししょ

 / 江戸 

鍋島直正 (1814-1871)
なべしまなおまさ
文政7年~文政13年/1824~1830
絹本墨書 掛幅装
縦112.2㎝ 横33.0㎝
1幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

本作と二文字異なる鍋島直正11歳の時(文政7年)の自作の詩が漢詩集「超然閣稿」に収録されている。落款に世龍、落款印に「肥前佐嘉」・「世子之印」とあることから、作詩の11歳から藩主となる17歳までに書したものとわかる。後年の自信に満ちた大胆な筆捌きにはまだ遠いが、線の肥痩によってリズムを出すなど、10歳代での練達ぶりをみることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島直正詩書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

録旧作
録旧作

鍋島直正

春遊
春遊

鍋島直正

鍋島直正公御実歴一百図
送永山徳夫之奥羽
超然閣稿
超然閣稿

鍋島直正

ページトップへ