超然閣稿 ちょうぜんかくこう

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

鍋島直正 (1814~1871)
なべしまなおまさ
佐賀県
文政10年(1827)
紙本墨書 冊子装
竪25.4cm 横17.8cm
1冊
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

鍋島直正(1814~71)が文政6年(1823)から9年(1826)に詠んだ漢詩文集で、巻末に文政10年6月の古賀穀堂による識語がある。直正の10代佐賀藩主就任以前の漢詩集であり、超然閣とは江戸の佐賀藩邸(溜池)またはその周辺の堂宇と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

超然閣稿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

録旧作
録旧作

鍋島直正

鍋島直正公御実歴一百図
十可山房集
十可山房集

鍋島直正

済急封事
済急封事

古賀穀堂

直正公詩集
直正公詩集

鍋島直正

ページトップへ