十可山房集 じゅっかさんぼうしゅう

その他の画像全4枚中4枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 佐賀県 

鍋島直正
1814~1871
佐賀県
明治時代初期頃(19世紀後半)
紙本墨書 冊子装
竪25.5cm 横17.9cm
1冊
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

10代佐賀藩主・鍋島直正(1814~71)が、慶応元年(1865)から明治3年(1870)までに詠んだ漢詩110首を収録した詩文集。福田公亮(東洛)による朱字添削あり。十可亭は、佐賀城下北郊にあった鍋島直正の別荘の名称。

作品所在地の地図

関連リンク

十可山房集チェックした作品をもとに関連する作品を探す

直正公詩集
直正公詩集

鍋島直正

春遊
春遊

鍋島直正

鍋島直正公御実歴一百図
野人亭稿
野人亭稿

鍋島直正

鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

ページトップへ