三行書 さんぎょうしょ

その他の画像全3枚中3枚表示

その他の美術   / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

鍋島直正 (1814-71年)
なべしまなおまさ
慶応2年/1866年
紙本墨書 掛幅装
竪107.8cm 横52.9cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

10代鍋島直正の書。「直正公詩集 百十首」(当会所蔵)は慶応元年(1865)から亡くなる前年の明治3年(1870)までの詩作110首を収載したもの。同詩集中の「十可山房雑書」(慶応元年の詩作)の題10首の内3首目に「昏鐘響歇掩巌扉 風送桂香薫葛衣 霓林秋色凉如洗 一片軽舟載月歸」がある。この三行書には「録舊製 茶雨」とある。箱書の「慶應二寅十二月 齊正公御筆  田中氏」とあわせて、舊製とは慶応元年の詩を慶応2年(1866)揮毫ということか。茶雨は直正の号。

作品所在地の地図

関連リンク

三行書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

暮春浴泉雑作
暮春浴泉雑作

鍋島直正

直正公詩集
直正公詩集

鍋島直正

鍋島直正公御実歴一百図
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

十可山房集
十可山房集

鍋島直正

ページトップへ