佐賀市松原付近図 さがしまつばらふきんず

絵図・地図 / 明治 / 佐賀県 

佐賀県
明治時代後期
紙本着色
1枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

佐賀市松原には大正2年(1913)、10代佐賀藩主・鍋島直正(1814~71)の銅像が建設され。周辺は銅像園として整備された。本図は、銅像園整備以前の松原一帯を表した明治時代後期の地図。中央付近、南北の直線水路を境とし、東半分に鍋島直正らを祀る松原社とその神苑が広がる。西半分は田地や佐賀市役所・物産陳列所などからなるが、やがてこの佐賀市役所等が移転し、この西半分に銅像園が造営された。のちに昭和8年、鍋島直正を祀る別格官幣社・佐嘉神社が松原社の神苑を造成し直して創建された。

作品所在地の地図

関連リンク

佐賀市松原付近図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

昭和10年代の銅像園
鍋島直正公御実歴一百図
御大典奉祝佐賀県勧業共進会会場図
閑叟公銅像模型
閑叟公銅像模型

武石弘三郎

下絵帖
下絵帖

松平慈貞院(貢姫・健子)

ページトップへ