真塗手桶 しんぬりておけ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

佐賀県
江戸時代
木製 真塗  利休好
高25.5cm 口径24.8cm 底径23.2cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

総体黒漆塗、手桶形の水指で、三つ足付、割蓋添。胴部に一条の紐飾りをめぐらす。真塗手桶は利休好みとされる。包布には「維適園茶具ノ内 真手桶」との墨書があり、本作が、宗徧流を嗜んだといわれる8代佐賀藩主鍋島治茂(維適園/1745~1805)の茶具であったことがわかる。その後、10代佐賀藩主鍋島直正が佐賀城下郊外に設けた別邸の神野御茶屋で用いた。

作品所在地の地図

関連リンク

真塗手桶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

焼締糸目結形水指
宗徧好四方釜風炉 五徳添
義閑作  茶杓
義閑作 茶杓

水谷義閑

唐銅製建水
唐銅製建水

名越弥五郎

銀夕顔形水注
ページトップへ