Karakaneseikensui

唐銅製建水

Details

Karakaneseikensui

唐銅製建水

金工 / 江戸 / 日本

名越弥五郎

なごしやごろう

佐賀県

文化5年/1808年

黄唐銅製

高さ7.4cm 口径13.8cm 底径10.4cm

1口

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

宗徧好みの合子形建水。建水とは席中で茶碗をすすいだ湯水を捨てる器物。本作は底面中心に七重の刻線を施し、その下に端正な菊折枝文様を線刻であらわしている。箱書により文化5年(1808)6月に江戸の釜師名越弥五郎が制作したことがわかる。名越弥五郎は初代(家昌/?~1629)が江戸初期に京都の釜師名越家から分家して江戸名越家をおこし、以後代々弥五郎を称している。包布には所用者をしめす「菊印」の墨書があるが、所用者は不明。同じく菊印所用で同材、同模様、文化4年(1807)名越弥五郎作の棒先建水も伝わる。10代佐賀藩主鍋島直正が佐賀城下郊外に設けた別邸の神野御茶屋で用いた御道具のひとつ。

Search by Karakaneseikensui

Search by 名越弥五郎

Search by 徴古館

Keywords

Edo / 銘る / /

Related Works

Search items related to work chosen