菊桐図丸釜 きくきりずまるがま

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  金工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

名越彌五郎
なごしやごろう
江戸後期(文政年製)/19世紀初め
正砂銅製 蓋唐銅 繰口丸釜、京釜
(蓋不含)高17.3cm 口径11.7cm 胴径23.8cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

身に五三の桐紋を4つ、菊紋を3つ配し、胴裾部には一条の飾り紐をめぐらす。釜敷添。名越弥五郎は江戸名越家。明治17年に筆姫(健子、10代鍋島直正継室)が実家である田安徳川家よりいただいたもの。

作品所在地の地図

関連リンク

菊桐図丸釜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

枇杷色唐銅尻張形水次
唐銅製建水
唐銅製建水

名越弥五郎

銅製棒先建水
銅製棒先建水

名越弥五郎

駒の図鶴首釜 鉄弦添
菊御紋鳳凰付御盃・玻璃コップ・銀盃
ページトップへ