菊御紋鳳凰付御盃・玻璃コップ・銀盃 きくごもんほうおうつきおさかづき

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  陶磁  ガラス / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

明治時代/19世紀
磁製・ガラス製・銀製 
(玻璃コップ)高12.4cm 口径9.1cm 底径7.4cm
1揃
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

明治25年(1892)7月9・10日、永田町鍋島邸(現在の首相官邸一帯)新築落成祝いのための明治天皇、皇后の行幸啓の際に下賜された品。盃は薄手の白磁に金彩で菊御紋、鳳凰をあらわす。玻璃コップはカット技法で切子の面をつくり、胴部中央に菊御紋をクラヴィール技法であらわす。三枚一組の銀製盃は見込みに毛彫で唐草文様をめぐらし、三方に菊御紋を配す。この日鍋島家では新築の西洋館・日本館において御能、相撲、柔、剣術、琴演奏、手品等の余興を披露している。

作品所在地の地図

関連リンク

菊御紋鳳凰付御盃・玻璃コップ・銀盃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊御紋付牡丹孔雀象嵌銀製花瓶
梨子地笹蒔絵文台・硯箱・梨子地菊流水蒔絵料紙箱
菊御紋付桑煙草盆
菊御紋付桑煙草盆

(磁器)乾山伝七

明治天皇行幸図
明治天皇行幸図

秀島英磨

菊御紋付桜模様七宝花瓶
ページトップへ