菊御紋付秋海棠模様七宝銀鉢 きくもんつきしゅうかいどう もよう しっぽうぎんばち

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  金工 / 大正 / 日本  九州  佐賀県 

服部七宝店
はっとりしっぽうてん
大正5年/1916年
銀製 七宝 
高24.5cm 口径29.8cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

高台内に銘「服部謹製」。「服部」とは明治時代に万博へ出品した名古屋の服部七宝店。中央に菊紋を配し、全体に秋海棠模様をあらわした鉢。七宝とはガラス質の釉薬を金属の素地に焼き付ける技法。添紙により大正5年(1916)11月8日~10日の九州大演習に天皇が御臨幸した際の献上品に対して賜ったもの、ということが分かる。大正5年11月7日の佐賀新聞によると、鍋島家からは人物床置と花瓶を献上している。

作品所在地の地図

関連リンク

菊御紋付秋海棠模様七宝銀鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊御紋付桜模様七宝花瓶
菊御紋鳳凰付御盃・玻璃コップ・銀盃
染付菊御紋付鳳凰文深鉢
菊御紋付牡丹孔雀象嵌銀製花瓶
鼈甲製菊花鉢植棚飾
ページトップへ