菊御紋付牡丹孔雀象嵌銀製花瓶 きくごもんつきぼたんくじゃくぞうがんぎんせいかびん

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸  陶磁 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

金沢銅器会社
かなざわどうきがいしゃ
明治時代
銀製
口径13cm 高さ35.6cm 底径9.9cm 胴径25cm
1対
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

永田町鍋島邸西洋館が落成した明治25年(1892)、7月9日に明治天皇の行幸が行われた際に11代鍋島直大へ下賜された品。帝室の王権的イメージの象徴的形態とされる、いわゆる「宮内省型」の銀製花瓶で、頚の前後中央に菊御紋を表し、金・銀・銅などによる象嵌の技法で向かい合う雌雄の孔雀や松樹、牡丹をあらわす。金沢銅器会社は明治10年(1877)2月に長谷川準也(1841〜1907)らによって設立された「銅器会社」が同15年6月に改称したもの。

作品所在地の地図

関連リンク

菊御紋付牡丹孔雀象嵌銀製花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊御紋鳳凰付御盃・玻璃コップ・銀盃
菊御紋付桜模様七宝花瓶
菊御紋付桑煙草盆
菊御紋付桑煙草盆

(磁器)乾山伝七

色絵金彩菊竹文花瓶
明治天皇行幸図
明治天皇行幸図

秀島英磨

ページトップへ