徴古館開館式式辞

昭和以降 

昭和2年/1927
紙本墨書
縦19.4cm 横113.5cm
1紙
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

昭和2年(1927)10月28日に行われた、佐賀県内最初の博物館「徴古館」開館式での、創設者12代侯爵鍋島直映の式辞。11代鍋島直大が建てた佐賀図書館は「新思想ヲ吸収シ文化ノ潮流ヲ探クル」施設だが、徴古館は「我郷土文化ノ淵源ヲ探究スル」施設と位置づけている。展示品については、鍋島家所蔵品は万のうちの一に過ぎないとし、各位の協力を求めている。実際に開館初期の出品目録でも各家からの出品物が半数近くを占める。

作品所在地の地図

関連リンク

徴古館開館式式辞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直正公御実歴一百図
昭和10年代の銅像園
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

松風集
松風集

鍋島直大編・鍋島直映跋

授爵書附
ページトップへ